メインメニュー
会長・副会長のあいさつ
近世日本の教育遺産の概要と特徴
これまでの取組
教育遺産世界遺産登録推進協議会とは
資料・会議録等
世界遺産とは
リンク集

今見ているページの場所
トップページ > 構成資産の紹介 > 弘道館・偕楽園

弘道館が全面復旧しました

弘道館

 弘道館は東日本大震災により,重要文化財である正庁や至善堂をはじめ,多くの施設が甚大な被害を受けました。
 約2年間にわたって行われた復旧工事では,元々の部材の再利用や伝統工法の再現などの手法に加え,耐震補強も行われました。また,寒さや床下からの攻撃を防ぐとされる「二重床」構造も初めて確認されるなど,弘道館の歴史を物語る新たな知見を得ました。
 平成26年3月27日には,「学問の府・水戸」のシンボルである弘道館の全面復旧を記念し,災害復旧記念式典が開催されました。